業務案内

TOPページ > 業務案内 > 住宅省エネラベル

住宅省エネラベル

お知らせ

業務のご案内

本業務は、平成29年3月31日をもって終了いたしました。

 

神奈川県建築安全協会では、平成22年8月2日から、建売戸建住宅を新築・販売する事業者の方を対象とする総合省エネ基準(住宅事業建築主判断基準)、並びに断熱性能基準の適合性を評価しています。
「住宅省エネラベル」の内容等、詳しくは、「一般財団法人建築環境・省エネルギー機構」のホームページをご覧ください。

当協会の住宅省エネラベル適合性評価業務は、次のとおりです。

業務区域 神奈川県
手続き 申請時期に特に定めはありません。
省エネシールの提供 当協会では「住宅省エネラベル適合証」を交付するときに、あわせて「住宅省エネラベルのシール」を提供していましたが、平成26年度をもちまして終了させていただきました。

住宅省エネラベルの表示内容と種類

省エネラベルには、次の2つの性能が表示されますが、
1.の総合省エネ基準に適合することが条件となります。

  1. 総合的な省エネ性能
    総合省エネ基準(住宅事業建築主判断基準)に適合する場合に、「総合省エネ基準:適」と表示されます。

  2. 外壁、窓等の断熱性能
    平成25年省エネ基準の外皮性能基準に適合する場合に、「断熱性能基準:適」と表示されます。

省エネラベルには、評価者や評価した年度が表示されます。

登録建築物調査機関の評価を受けた場合は、緑色のラベルに「登録建築物調査機関評価」と表示されます。

住宅省エネラベルの対象住宅

新築の戸建て住宅(未入居であり工事完了後1年未満)

次のような住宅は対象外です。
  • 共同住宅(分譲マンション、賃貸アパート等)
  • 連続建て(長屋建て)住宅
  • 重ね建て(重層長屋)住宅
  • 店舗併用住宅

住宅省エネラベルの利用方法とメリット

  • 住宅事業建築主は、住宅本体への貼付け若しくは刻印、又は広告、パンフレットその他の印刷物に省エネラベルを表示することができます。国土交通省のホームページからダウンロードできます。
  • 当協会が発行する適合証は、フラット35S(金利Aプラン)省エネルギー性の基準を満たす住宅となります。
  • 当協会が発行する適合証は、住宅省エネポイント制度の対象住宅証明書になります。

一般財団法人神奈川県建築安全協会