業務案内

TOPページ > 業務案内 > まもりすまい保険 > まもりすまい大規模修繕瑕疵保険

まもりすまい大規模修繕瑕疵保険

(一財)神奈川県建築安全協会(以下「当協会」といいます)では、住宅保証機構(株)(以下「機構」といいます)が提供する共同住宅大規模修繕工事瑕疵担保責任保険(以下「まもりすまい大規模修繕かし保険」といいます)の取り扱い業務を行っています。
「まもりすまい大規模修繕保険」はマンション共有部分や賃貸共同住宅の大規模修繕工事を対象とした住宅瑕疵保険です。

まもりすまい大規模修繕かし保険の概要

対象とする住宅

  • 4階建て以上または500m2以上の分譲共同住宅及び賃貸共同住宅が対象です。
  • 建物構造は、RC造、SRC造、S造が対象です。
  • 構造耐力上主要な部分に係る改修工事を実施する場合は、新耐震基準に適合する住宅。(※当該基準に適合させる工事は対象)
  • 店舗併用住宅も対象となります。※住宅を含む棟のみ
  • 機構が定める設計施工基準に適合する工事

 

発注者様の要件

  • 区分所有建物の場合・・管理組合様
  • 賃貸共同住宅の場合・・建物所有者様

保険のお支払い対象と保険期間

保険金支払い対象となる修繕工事が行われた部分の瑕疵に起因して、当該部分に以下の事由が生じた場合保険金を支払います。 保険期間は、工事完了確認日より開始します。

保険金支払い対象となる事由保険期間
構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさない場合 10年間※1 又は5年間
雨水の浸入を防止する部分が防水性能を満たさない場合 10年間※2 又は5年間
給排水管路が通常有すべき性能又は機能を満たさない場合
給排水設備、電気設備、ガス配管設備の機能が失われた場合
5年間
防錆工事を行った手すり等の鉄部が通常有すべき安全性を満たさない場合 2年間(単独でのお申込は不可)
共用部分の内装・設備※3が社会通念上必要とされる性能を満たさない場合 1年間(単独でのお申込は不可、特約付帯)

※1:耐震改修工事に起因する場合

※2:特約を付帯する場合

※3:共用部分の内装・設備とは、管理員室、集会室、屋内廊下、屋内階段、エントランスホール、エレベータホールをいいます。

 

 

3-5-9mamorisumai01.jpg

 

 

現場検査

工事内容により2回~5回実施します。

保険金額

支払限度額は工事請負金額に応じて1,000万円~5億円

お支払いする主な保険金
  • 補修費用
  • 調査費用
  • 仮住居・移転費用
  • 臨時費用※

 

事業者様が負担する臨時代替駐車場費用、家財道具等一時移動・保管費用および発注者さまが手配する長期修繕計画の修正に係るコンサルティング費用

 

 

1回の請求ごとの支払い額
保険金支払額=(損害額-免責金額10万円)×80%※
※事業者倒産時は100%

保険料等

工事内容、工事請負金額により料金が異なります。料金に支払いは事業者が行いますが、工事額に含めることも 可能なので、最終的には発注者(管理組合等)様が負担する場合があります。

詳しくは住宅保証機構HPをご覧ください。

事業者登録

保険を利用される際は機構に登録される事が必要です。

 

  • 登録要件・・・建設業の許可
    ※1年ごとに更新が必要です。
料金
  • 新規登録時・・・16,200円(税込み)
    ※まもりすまい保険届出事業者様の場合 10,800円(税込み)
  • 事業者登録更新時・・・10,800円(税込み)
  • 保険申込時・・・保険料と現場検査手数料が必要です。
    ※料金は窓口にてお見積りしますのでお問い合わせください。

一般財団法人神奈川県建築安全協会