業務案内

TOPページ > 業務案内 > まもりすまい保険 > まもりすまいリフォーム保険

まもりすまいリフォーム保険

住宅保証機構(株)(以下「機構」といいます。)では、新築住宅を対象とした住宅瑕疵担保責任保険(まもりすまい保険)に加えて、リフォーム事業者様向けに住宅リフォーム瑕疵担保責任保険(以下「まもりすまいリフォーム保険」といいます。)を運用していますが、このたび保険料等を変更しましたので、あらためてまもりすまいリフォーム保険の概要について、ご案内します。

 

(一財)神奈川県建築安全協会(以下「当協会」といいます。)では、神奈川県内唯一の統括事務機関として、機構のまもりすまいリフォーム保険に関するすべての業務を行っています。

まもりすまいリフォーム保険の内容

  1. 保険契約者
    リフォーム保険登録事業者様が、まもりすまいリフォーム保険の保険契約者となります。
  2. 対象となるリフォーム工事
    既存住宅の一部または住宅と一体となった設備に係る増築、改築または補修工事が対象です。

対象要件

  • 新耐震基準(昭和56年6月1日施行)に適合する住宅
    ※当該基準に適合させる耐震改修を行う住宅のリフォーム工事は対象となります。
  • 一戸建住宅の場合は、すべての構造、工法が対象
  • 共同住宅等については、以下が対象
    ※分譲共同住宅:区分所有者が実施することのできる専有部分の内装工事、設備工事
    ※賃貸共同住宅:木造、3階以下、床面積500m2以下の住宅
  • リフォーム工事請負契約に基づき、機構所定の保証書において瑕疵担保責任について約定していること
  • 機構が定める設計施工基準に適合しているリフォーム工事

基礎を新設する増改築工事

基礎を新設する増改築工事は、「増築特約」をつけてお引き受けします。
築特約が付帯される部分は、保険期間10年間、保険支払限度額2,000万円となります。

リフォーム工事の内容と保険料

まもりすまい保険では、お申込みプラン・工事請負額により、保険料、現場検査の時期・手数料、保険期間等が異なります。詳しくは機構のホームページ「料金」及び「料金一覧」をご覧ください。

既存住宅のリフォーム工事部分

お申込みプラン工事内容
基本プラン 構造耐力上主要な部分又は雨水の侵入を防止する部分について新設、改修、改変及びそれらに伴う撤去等を含むリフォーム工事
内外装・設備プラン 住宅本体又は住宅本体に直接接続されている設備・内装等の工事
(防水性能を伴わない外壁の塗装等の外装工事を含む)

基礎を新設する増改築工事部分(増築特約)

以下の内容により異なります。

  • 基礎を新設する増改築工事を単独で行う場合、通常のリフォーム工事と合わせて行う場合
  • 基礎を新設する増改築工事部分の床面積
  • 既存住宅のリフォーム工事部分のお申込みプラン・工事請負額

一般財団法人神奈川県建築安全協会