業務案内

TOPページ > 業務案内 > 公益目的事業

公益目的事業

建築安全協会は、快適で潤いのある地域社会の実現を目指し、建築物の安全対策や住宅の品質向上、まちづくりの推進などに貢献する公益事業を展開しています。

お知らせ

社会貢献事業振興基金助成事業

 

広く一般的な社会貢献事業を推進している団体等や建築技術関係者等の資質向上を図ることにより建築物の安全性・快適性の向上に寄与している団体などの活動に対し、建築安全振興基金を創設・活用し助成・支援いたします。

助成対象事業等
建築安全に係る事業
  • 建築技術者の育成指導を行い、関係者の資質向上を図るものであること。
  • 建築物の安全性・快適性の向上や省エネルギーの推進をしていること。
  • 財団法人や社団法人などにおいて実施する公益目的事業であること。
広く一般的な社会貢献事業
  • 当協会の目的に合致する事業であること(福祉、環境、防災、地震に関連したまちづくり事業を想定) 
東日本大震災被災地復興支援活動
  • 東日本大震災被災地の復興支援に取り組む神奈川県内の災害ボランティア団体が行う活動であること
  • 営利活動に依拠していないもの
  • 会報・ホームページ等で広く公開されているものであること 
選定方法

原則として公募方式とし、役員や評議員会のメンバーにより構成される選考委員会において選定。

助成予定件数及び助成限度額
建築安全に係る事業
  • 助成予定件数・・・5件
  • 助成限度額・・・300万円(1件につき)
広く一般的な社会貢献事業
  • 助成予定件数・・・3件
  • 助成限度額・・・100万円(1件につき)
東日本大震災被災地復興支援活動
  • 助成予定件数・・・8件
  • 助成限度額・・・20~50万円(1件につき)

2項道路後退・拡幅支援事業

道路は、地震・火災等災害時の避難、救急・消火活動等において重要な役割を果たしている。

建築基準法第42条第2項に規定する道路においては、建築主の負担において後退拡幅を行うという制度的な課題を抱えている。このことから、当協会に申請された案件に対して道路拡幅支援金を支給することにより、この課題解決を促進し、災害に強い安全で安心なまちづくりに寄与いたします。

支給対象要件
  1. 2項道路の後退・拡幅のために門、塀、擁壁、土羽、樹木等支障物件が存在すること。
  2. 当協会において、建築確認済証及び検査済証を取得する案件であること。
    など
助成対象戸数

900件

助成額

2万円(1件当たり)

木造戸建て住宅耐震化支援事業

新耐震基準以前に建設された木造戸建て住宅の耐震診断の結果、改修又は建替えが必要となった建築物のうち建替えを行おうとするものに対し、その建築物の除却費の一部を助成し、新耐震基準を満たす住宅の耐震化を促進することにより、災害に強い安全で安心なまちづくりに寄与いたします。

支給対象要件
  1. 耐震診断の結果が総合評点で0.7未満と判定された木造戸建て住宅を建て替える工事であること。
  2. 県内の特定行政庁又は当協会において新築住宅の建築確認及び検査済証を取得したものであること
  3. 建築主が個人であること。
助成予定件数

100件

助成額

10万円(1件当たり)

神奈川の住まいと森林(もり)づくり支援事業

県産木材使用住宅促進助成事業

森林が持つ豊かな自然環境や防災機能等を育む県産木材の利用を促進するため、県産木材を使用した住宅に対して助成します。

(1)県産木材使用支援型助成住宅

 助成対象

1.神奈川県内で新築・増改築・リフォームした自己居住用住宅であること。 

2.主要構造材(柱・梁・桁・土台)に使用したかながわブランド県産木材及び主要構造材以外に使用した

      かながわブランド県産木材・産地認証かながわ県産木材の合計使用量が5㎥以上の木造戸建ての

      専用住宅。 

3.主要構造材(柱・梁・桁・土台)には、かながわブランド県産木材を50%以上使用していること。 

4.当協会にまもりすまい保険の申込みを行ったもの、もしくは建築確認が必要なものについては当協会

      または県・市(特定行政庁)の建築確認済証及び申請時当該年度以降に検査済証の交付を受けたもの。

29年度の助成予定件数

20件

助成額

10万円/戸~30万円/戸(県産木材使用量により5ランク)

(2)設計者選定コンペ申込者に対する支援(「住・緑・家」利用型)

助成対象

1.(一社)神奈川県建築士事務所協会・神奈川県木材業協同組合連合会の「住・緑・家(すみか)」制度に

     基づく設計者選定コンペを利用した木造戸建ての自己居住用専用住宅または自治会館・町内会館 。

2.県の認証制度等により産地証明等がなされている県産木材を5㎥以上使用していること。 

3.当協会にまもりすまい保険の申込みを行ったもの、もしくは建築確認が必要なものについては当協会

     または県・市(特定行政庁)の建築確認済証及び検査済証の交付を受けたもの。

29年度の助成予定件数

3件

助成額

10万円(「住・緑・家(すみか)」申込手数料と同額)

 

関係書類ダウンロード

リーフレット『神奈川の住まいと森林づくり支援事業』

神奈川の住まいと森林づくり支援事業助成金交付要綱 

助成金申込書(第1号様式) 

助成金申込書取下げ申請書(第4号様式)

変更承認申請書(第5号様式)

助成金交付申請書(第6号様式)

木材使用実績表(第7号様式)

展示会等事業

展示会等を活用した建築文化普及を目的として、建築物等に関する各種の無料展示会等を安協サービスセンターにて開催しています。

一般財団法人神奈川県建築安全協会